If a computer
had eyes?

If a computer
had eyes?

We are developing algorithms and deepening

theoretical analysis of ML-based visual recog-

nition technology. Our goal is to contribute to a

safe and sustainable society through applicati-

ons such as autonomous driving.

コンピュータが、
目を持ったなら?

機械学習による視覚認識技術を確立すべく、
アルゴリズムの高効率化や理論解析を行って
います。自動運転への応用など、安全かつ
持続可能な社会への貢献を目指します。

WHAT'S NEW


AFFILIATION

所属

Tokyo Institute of Technology,
School of Computing, Department of Computer Science
Sato/Kawakami Laboratory

東京工業大学
情報理工学院 情報工学系
佐藤・川上 研究室

ACCESS

アクセス

#705, Bldg.1, Ishikawadai Area, Ookayama Campus,
Tokyo Institute of Technology 2-12-1 Ookayama,
Meguro City, Tokyo, 152-8550, Japan

〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1 I1-16
東京工業大学 大岡山キャンパス
石川台1号館 705号室

CONTACT

お問合せ

staff -at- rla-lab.org

篠田 浩一

SHINODA Koichi

東京工業大学 情報理工学院​教授, 共同研究講座総括
School of Computing, Tokyo Institute of Technology, Professor, Project Director

ディープラーニングなどの機械学習技術がもたらしたブレークスルーにより、新しい概念、新しい製品、新しい市場が続々と生まれています。

We are now embarking upon a great revolution, one that happens once in a 100 years, a revolution in autonomous driving, motorization, and mobility as a service1 (MaaS). 

岸本 正志

KISHIMOTO Masashi

デンソーアイティーラボラトリ社長
DENSO IT Laboratory President

クルマは今、「自動車」から「モビリティ」へと広義の移動体として捉えられ、自動運転、電動化、MaaSなど100年に一度の大変革期を迎えています。

We are now embarking upon a great revolution, one that happens once in a 100 years, a revolution in autonomous driving, motorization, and mobility as a service1 (MaaS).