COLLABORATION

共同研究講座

ESTABLISHMENT HISTORY

設立経緯

AI is rapidly becoming a fundamental technology for all industries, and companies and universities are looking for advanced results in AI research and technology development. Tokyo Institute of Technology and the Denso IT Laboratory are committed to developing innovative technologies to replace existing models and methods, rather than improving existing technologies. We aim to create an AI technology platform that brings together both sides of the spectrum of knowledge and technology to create the next generation of mobility.

AIがあらゆる産業の基盤技術として急速に普及しており、企業、⼤学ともにAI研究および技術開発の舞台で先進的な成果が求められています。東京⼯業⼤学および株式会社デンソーアイティーラボラトリは本講座において、いま使われている技術の改良ではなく、既存モデルや⼿法に取って代わる「次」の⾰新的な技術の創出を⽬指した研究に取り組んでまいります。双⽅の知⾒と技術を結集したAI技術基盤の創出で〝次世代のモビリティ″の実現を⽬指します。

MESSAGE

代表者より

SHINODA Koichi

篠田 浩一

School of Computing, Tokyo Institute of Technology, Professor, Project Director

東京工業大学 情報理工学院教授, 共同研究講座総括

篠田 浩一

SHINODA Koichi

東京工業大学 情報理工学院​教授, 共同研究講座総括

School of Computing, Tokyo Institute of Technology, Professor, Project Director

Machin learning including deep learning is a breakthrough for our society; it has produced many novel notions, new products, and new markets. Not only problem-solving research but also new seed-oriented AI research which designs future society has become more and more important. To turn both of these wheels, academic and industry should cooperate closely.

We, School of Computing, TokyoTech, has created a new chair with Denso IT Laboratory and has started collaborative research. Our top-level research in data science and artificial intelligence and their advanced technology including auto-driving and MaaS will unite together to create an AI platform for future “wonder cars” fascinating the world.

ディープラーニングなどの機械学習技術がもたらしたブレークスルーにより、新しい概念、新しい製品、新しい市場が続々と生まれています。今後は、社会における現在の課題を解決するための課題解決型の研究のみならず、これらの新しいAI技術を用いて未来社会をデザインする、シーズ活用型の研究もますます重要になっていきます。そして、これら両輪を回すためには、大学と企業が緊密に協働する必要があります。

この度、我々東京工業大学情報理工学院は、とても良いタイミングで、デンソーアイティーラボ様との共同講座を設置し、ともに研究を進めていく機会を得ることができました。我々のもつ最先端のデータサイエンス・人工知能の技術と、デンソーアイティーラボ様のもつ、自動運転、Maasなどの技術を融合し、世界中の人がワクワクする「未来のクルマ」を実現するための、AI基盤を開発します。

KISHIMOTO Masashi

岸本 正志

DENSO IT Laboratory President

デンソーアイティーラボラトリ社長

岸本 正志

KISHIMOTO Masashi

デンソーアイティーラボラトリ社長

DENSO IT Laboratory President

The industrial world has traditionally considered vehicles simply as automobiles; however, this thinking has changed to a broad range of transportation through the concept of mobility, and we are now embarking upon a great revolution, one that happens once in a 100 years, a revolution in autonomous driving, motorization, and mobility as a service1 (MaaS). As an organization deeply involved in the automobile industry, Denso IT Lab sees its mission as generating change rather than responding to it. Fulfilling our mission necessitates a shift in research and development to a more advanced phase focusing on applications in the field of information processing technology, especially machine learning, pattern recognition, and computer vision in pursuit of ever greater goals.

We are establishing a new collaborative research chair at the Tokyo Institute of Technology from FY2020 and will promote research under the initiative of two researchers from Denso IT Lab assigned as specially appointed associate professors. With Professor Shinoda, who is active at the forefront of global research on deep learning and graphics signal processing, and many other Tokyo Tech faculty participating as collaborative researchers, we aim to create innovative technologies capable of generating changes in mobility through completely autonomous driving systems and other leading-edge advancements.

クルマは今、「自動車」から「モビリティ」へと広義の移動体として捉えられ、自動運転、電動化、MaaSなど100年に一度の大変革期を迎えています。動車産業界に身を置く弊社としては、この変革に備えるのではなく、変革を起こすことをミッションとして位置づけています。このためには弊社で研究開発を推し進めている情報処理技術、とりわけ機械学習、パターン認識、コンピュータビジョンの各分野で、研究開発をより上流、基礎的なフェイズにシフトさせ、高い目標にチャレンジする必要があります。

これらを具現化するため、今年度から東京工業大学さまに共同研究講座を設置させていただき、弊社から2名の研究員が特任准教授として同講座に席をおき研究を推進します。さらにディープラーニング、グラフ信号処理など世界的に活躍されている篠田教授はじめ多くの先生方に共同研究教員として参画、指導いただき、完全自動運転などでモビリティにゲームチェンジを起こす革新技術の創出を目指します。

MEMBER

メンバー
佐藤育郎先生

SATO Ikuro 佐藤 育郎

Specially appointed associate professor 特任准教授

Dept. of Computer Science, School of Computing
情報理工学院 情報工学系

Senior Researcher, Denso IT Laboratory
デンソーITラボラトリ シニアリサーチャ

SATO Ikuro received his Ph.D. in science from the University of Maryland in 2005. He was a postdoctoral fellow at Lawrence Berkeley National Laboratory until 2007, and has been working on image recognition and machine learning at Denso IT Laboratory since 2008, assuming his current position in 2020. (Concurrently with Denso IT Laboratory)

2005年米メリーランド大学にて理学博士取得。2007年まで米ローレンスバークレー国立研究所にてポスドク。2008年よりデンソーITラボラトリにて画像認識・機械学習等の研究に従事し、2020年現職に着任(デンソーITラボラトリとの兼務)。

川上玲先生

KAWAKAMI Rei 川上 玲

Specially appointed associate professor 特任准教授

Dept. of Computer Science, School of Computing
情報理工学院 情報工学系

Senior Researcher, Denso IT Laboratory
デンソーITラボラトリ シニアリサーチャ

KAWAKAMI Rei graduated from the University of Tokyo in 2003 with a bachelor’s degree in engineering, electronics and information technology, and received her doctorate in information science and technology in 2008. After studying at the University of Tokyo, University of California, Berkeley, and Osaka University, she has been in her current position since 2020 (concurrently working with Denso IT Laboratory). She is engaged in research on computer vision and image processing.

2003年東大・工・電子情報工卒。2008年同大学院博士了(情報理工学)。東大、カリフォルニア大学バークレー校、阪大などでの研究を経て、2020年より現職(デンソーITラボラトリとの兼務)。コンピュータビジョンや画像処理に関する研究に従事。

篠田浩一先生

SHINODA Koichi 篠田 浩一

Professor 教授

Dept. of Computer Science, School of Computing
情報理工学院 情報工学系

1989年3月 東京大学理学系研究科物理学専攻修士課程修了
1989年4月 日本電気(株)入社 C&C情報研究所配属、音声認識の研究開発に従事
1994年7月 日本電気(株)情報メディア研究所主任
1997年1月 米国ルーセント・テクノロジー社ベル研究所客員研究員(~1998年2月)
2001年3月 東京工業大学より論文博士号(工学)取得
2001年6月 日本電気(株)マルチメディア研究所主任研究員
2001年10月 東京大学大学院情報理工学系研究科助教授
2003年4月 東京工業大学大学院情報理工学研究科助教授
2003年4月 国立統計数理研究所客員助教授(~2005年3月)
2008年4月 東京工業大学大学院情報理工学研究科准教授
2013年4月 東京工業大学大学院情報理工学研究科教授
2016年4月 東京工業大学情報理工学院教授、現在に至る

横田理央先生

YOKOTA Rio 横田 理央

Associate professor 准教授

Global Scientific Information and Computing Center
学術国際情報センター

2009年7月 慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士(工学) 取得
2009年3月―2010年8月 ブリストル大学数学科 ポスドク研究員
2010年9月―2011年8月 ボストン大学機械工学科 ポスドク研究員
2011年9月―2015年3月 アブドゥラ国王科学技術大学 常勤研究員
2015年4月ー現職   東京工業大学 学術国際情報センター 准教授

田中正行先生

TANAKA Masayuki 田中 正行

Associate professor 准教授

Dept. of Systems and Control Engineering, School of Enginieering
工学院システム制御系

2003年東京工業大学博士課程修了。
2003年-2004年アジレント・テクノロジー株式会社。
その後、東京工業大学、スタンフォード大学、産業技術総合研究所、などを経て、
2020年より現職。画像処理・コンピュータビジョンに関する研究に従事。

小野峻佑先生

ONO Shunsuke 小野 峻佑

Associate professor 准教授

Dept. of Computer Science, School of Computing
情報理工学院 情報工学系

2010 東工大・工・情報工卒.2014 同大学大学院理工学研究科集積システム専攻博士課程修了.博士(工学).2012–2014 日本学術振興会特別研究員(DC1).2014 東工大・像情報工学研究所・助教.2016 同大学・科学技術創成研究院・助教.2019 東工大・情報理工学院・准教授.2016–2020 科学技術振興機構(JST)さきがけ個人研究者(兼任).主として画像処理,信号処理,数理最適化,データサイエンス・AI,リモートセンシングの研究に従事.2019–現在 IEEE Transactions on Signal and Information Processing over Networks 編集委員.電子情報通信学会学術奨励賞(2013),電子情報通信学会論文賞(2014),IEEE SPS Japan Chapter Outstanding Student Journal Paper Award(2014),丹羽保次郎記念論文賞(2015),手島精一記念研究賞博士論文賞(2016),テレコムシステム技術賞(2016),船井学術奨励賞(2017),IEEE SPS Japan Chapter Young Author Best Paper Award(2019)各受賞.

野村哲弘先生

NOMURA Akihiro 野村 哲弘

Assistant professor 助教

Global Scientific Information and Computing Center
学術国際情報センター

2005年東大理学部情報科学科卒、2007年同情報理工コンピュータ化学専攻修士了、2011年同学士課程単位取得退学。
同年より東工大学術国際情報センター研究員を経て2018年より現職。
スーパーコンピュータにおける通信最適化や性能モデリング、利用簡便化などに従事。

井上中順先生

INOUE Nakamasa 井上 中順

Assistant professor 助教

Dept. of Computer Science, School of Computing
情報理工学院 情報工学系